AGA福岡での治療方法

薄毛のことで悩んでいるのであれば、どうして薄毛になっているのかという原因を知り、AGAであるのなら、できるだけ早く治療をすることをおすすめします。

AGAの治療薬は主にプロペシアという内服薬と、フロジン、ミノキシジルという外用薬

AGAになった時にクリニックにいって専門的な治療を受けるという人は意外と少ない様です。

今は育毛剤や育毛シャンプーなどが増えていて、クリニックに行くのは面倒くさいとか、恥ずかしいなどで、自己流で薄毛をなんとかしようとする人が増えているからです。

確かに薄毛でクリニックへ行くって何となく気軽な感じはしませんよね。

でも、髪をこのまま薄くさせたくないというのであれば、やはり専門的な治療を受けることをおすすめします。

治療は保険が適用しないので、確かに費用の面で厳しいこともあるかもしれませんが、早期に治療を受けることで、薄毛が気にならないうちに進行を止めることができます。

年齢的にまだまだ見た目が気になるという人にはやはり治療をおすすめします。

AGAを真剣に治療するとなれば、使用されるお薬は主にプロペシアという内服薬と、フロジン、ミノキシジルという外用薬です。

プロペシアというのは日本でも唯一、体の内側からAGAを治療するというお薬で、外用薬と併用すると効果が高まると言われています。

プロペシアは有効成分フィナステリドで、男性ホルモンを変異させる酵素の働きを抑制します。

フロジンや、ミノキシジルはいわゆる育毛剤で、血行を良くする作用があります。

それぞれの薬は副作用もありますので、医師の診断のもと使用しましょう。

外用薬の効果が即効性があるものではなく、すぐに見た目に効果を感じるというものではありません。

AGAを治療するには根気強く、治療薬の長期の使用が必要です。

Comments are currently closed.