AGA福岡での治療方法

薄毛のことで悩んでいるのであれば、どうして薄毛になっているのかという原因を知り、AGAであるのなら、できるだけ早く治療をすることをおすすめします。

AGAの人と健康な人の髪の違いはヘアサイクル

AGAというのは、頭皮に到達した男性ホルモンの酵素による変異で脱毛をしていくのですが、なぜ、男性ホルモンが変異したことによって、健康な人の髪の毛とはどの様な違いがでてくるのでしょうか?髪の毛というのは、みなさんもよくご存知の様に、生え始めたら、長い年月をともに過ごすことになります。

髪が一ヶ月に一センチ伸びると言われている様に、長い髪の人を見れば、髪が何年も生え続けていることがわかりますよね。

髪というのはヘアサイクルというものがあって、頭皮に生え続けていきます。

大人になれば、毎日50本から100本の髪が抜けるといわれますが、その髪も何年も何年も生えていたものということになります。

髪のヘアサイクルというのは、まずは頭皮から生え、そして成長期となり、何年もかけて髪は伸びていきます。

この成長期の間に生え始めた時の弱い髪の毛は、伸びながら、どんどん太くしっかりした髪に成長します。

やがて、髪の成長は止まり退行期となり、休止期に入り、脱毛して、新しい髪が生えてきます。

AGAの場合、このヘアサイクルが極端に短くなり、髪の成長期がほとんどなくなります。

成長期がないということは、髪は太くしっかりならずにそのまま脱毛してしまうということです。

生えていても弱々しい髪の毛であったり、脱毛するサイクルが早くなることで、段々と薄毛になっていきます。

治療をすることで、この乱れたヘアサイクルを正常に戻すことができます。

Comments are currently closed.