AGA福岡での治療方法

薄毛のことで悩んでいるのであれば、どうして薄毛になっているのかという原因を知り、AGAであるのなら、できるだけ早く治療をすることをおすすめします。

AGAになったら脱毛して薄くなっていく

AGAになったら、その薄毛は、ゆっくりながらも進行していきます。

原因が取り除かれない限りは、どんなに気をつけていても、薄毛の症状は進行していき、どんどんと髪は薄くなります。

AGAの脱毛の特徴というのは、額の生え際、もしくは、つむじあたりの頭頂部周辺から、または両方の箇所から脱毛して薄くなっていきます。

髪の毛というのは生え始めてから、強く太くなっていくのですが、AGAの場合は、毛包がしっかり成長しないために、弱い髪のままになります。

髪の量が減る前からも、弱くて細い毛が増えてくることで、見た目には頭皮が目立ってきます。

髪が薄くなってくると、ヘアスタイルなども決まらなくなったり、薄毛を隠すために色々髪型を考える人もいますが、AGAになった場合に、薄毛を残っている髪で隠そうというのはあまりおすすめではありません。

返って薄毛が目立ってしまうからです。

AGAになった場合、おすすめなのは髪を短くすることです。

髪を短くすると頭皮をきれいに保つことが容易になるし、意外と薄毛が目立ちません。

髪の色を明るくするなどすると、地肌の色と差が出なくなるので、髪の薄さが見た目にわかりづらくなります。

髪をあまり短くしたくないという人の場合は、一番ボリュームの出てしまう耳の上の髪を短くして、トップにボリュームを持って来れる様な髪型が良いでしょう。

残っている髪に依存すると返って、薄毛の人という印象が残ってしまいます。

知って安心。AGAにありがちな勘違い [男のヘアケア]

Comments are currently closed.