AGA福岡での治療方法

薄毛のことで悩んでいるのであれば、どうして薄毛になっているのかという原因を知り、AGAであるのなら、できるだけ早く治療をすることをおすすめします。

薄毛の人に多いのはAGA

AGAというのは、Andro Genetic Alopeciaの訳語です。

Andro Geneticというのは、男性ホルモンによるという意味があり、Alopeciaとは脱毛症のことを言います。

男性は薄毛になりやすいと多くの人が思っていると思いますが、その原因の多くはこのAndro Genetic Alopeciaということなのですね。

確かに薄毛の人は男性ホルモンが多いんだよなんて言われたりしますが、やはり男性ホルモンが何かしらの影響を持っているということは多くの人が知っていたことなのでしょう。

AGAというのは、男性ホルモンが急激に増えてくる思春期のころから発症の可能性があります。

声変わりをしたり、ひげが生えてきたりと男性っぽくなってくる時期から、男性ホルモンは増えてきます。

血液中に男性ホルモンが多くなってくるのは正常なことなのですが、この男性ホルモンが頭皮の周辺に到達した時にこのAGAの問題が出てくるのです。

男性ホルモンが頭皮の周辺の毛細血管に到達して、毛乳頭の細胞に入ると、毛乳頭の中にある酵素が作用して、男性ホルモンを変形させます。

この酵素は誰もが持っているものですが、AGAの症状が出る人は、酵素が多いと考えられます。

男性ホルモンはこの酵素の働きによって、ジヒドロテストステロンという物質に変えられて、これが脱毛の命令を出しているそうです。

【ハゲ・薄毛】DHT(ジヒドロテストステロン)とTH(テストステロン)

脱毛部にはジヒドロテストステロンが多く見られており、薄毛がゆっくりと進行していきます。